沿 革

お問い合せ

1958--
「アジア商運株式会社」として会社設立
セレン、金属塩の販売開始
1960--
セレン酸化物、 特殊合金の製造販売
工場を横浜に移転
1964--
ビスマス、錫、インジウムの電解精製開始
1965--
「アジア物性材料株式会社」に商号変更
1970--
レアメタル原料輸入など貿易業務開始 保税工場認可
1978--
複写機用高純度セレン及びテルルの量産開始
1981--
二酸化テルルの生産開始
複写機用感光材の海外販売を開始
1990--
ITOターゲット製造用粉末の生産開始
フィリピンにレアメタル生産のため合弁企業設立
「高純度セレンの開発」にて関東通産局より開発補助金の交付を受ける
1993--
高純度アンチモンの生産開始
2000--
ガリウム、タンタルの回収開始
2002--
分析検査室の拡充
2003--
インジウム精錬設備増強
2005--
X線センサー用高純度セレンの生産開始
2008--
ガリウム回収の設備増強
2010--
酸化ガリウム(微細品)生産開始
2011--
「使用済み材料からのセレンの回収、精製及び再生事業」に関して、経済産業省より補助金の交付を受ける
2013--
いわき新工場竣工、稼動開始
セレン生産・回収能力増強


社名及びNRMブランドについて

1958年「アジア商運株式会社」として東京都・大森にて商社としてスタートし、1960年7月、セレン合金の製造を都内三鷹市にて開始、メーカーとして始動しました。
同時に海外向け社名として「Nippon Rare Metal, Inc.」を使用し始め、同年12月工場を現在の横浜市緑区中山町1200番地に移転。1965年商号を現在の「アジア物性材料株式会社」に変更しました。
NRMブランドは国内外に浸透し、ユーザーの皆様の信頼をいただいています。


このページのトップへ